リクルート(求人)情報・人財制度サイト

友だち追加
エントリーはこちら

[プロフィール] 伊藤 陸 Riku Ito「強くて優しいタフガイ 不屈の精神」

 所属:営業部 出身:長野県 諏訪市 1999年2月4日生まれ 血液型:O型
 好きなもの:唐揚げ、そば、ナタデココ 趣味:スポーツ観戦、料理、お笑い
 西尾店の若手のホープ。営業の壁にぶち当たるが持ち前の反骨心で乗り越え、現在は、お客様の支持をグングン獲得している。

〔就活から入社までの経緯〕

特別な志はない、業界にもこだわらない「就職先」を探していた就活初期

住宅業界については、父親が工務店を営んでいたこともあり身近ではありましたが、就職の際に住宅業界にこだわっていたわけではありませんでした。

実は、私は一般的な就活とは違って、大学中退経ての就活でした。

それを理由にすると少し言い訳になってしまうのかもしれませんが、当時はあまり志も持たず、職種、業界は二の次、まずは職につかないと・・・そんな考えで就職活動をしていたのが、正直な所です。

「自分のホンネ」に気づいたナカオホームの企業説明会・採用面談

ナカオホームのことは、就職支援をしてくれた会社からの紹介で知りました。生まれは長野なんですが、大学が安城だったので地元の会社だったはずなんですが、紹介を受けてはじめてその存在を知ったいうのが本当の所です(笑)

今思えば、高い志とは言えない状況で臨んだナカオホームの企業説明会・採用面談。でも、その時案内してくれた先輩の影響で、私の心は「こういう職場で働きたい」という想いに変わりました。

先輩の姿を見て「こんな社会人になりたい」
職場の雰囲気を見て「こんな会社で自分の力を試したい、貢献したい」そんな想いが湧いてきたんです。

「働きたい!」と感じられる会社に出会えたから気づけた

どこでもいいから、就職できればいいなんて、ウソ。

やっぱり、できるだけいい会社、自分が「働きたい」と思える会社に就職したいという自分のホンネに気づいた瞬間でした。自分自身、そんな風になるとおもわなかったので、とても不思議な気分になったことを今でも憶えています。

面談ではその想いを真っ直ぐに伝えました。中尾社長との面談の時、その前に面談をしてくれた上司が「まだまだ未熟だけど誠意が見られるので、一緒に働きたいです」と、僕のことを紹介してくれた時は嬉しかったですね。俄然、やる気になりました。ナカオホームの先輩は、人をやる気にさせるのが本当に上手いです。

〔伊藤 陸のWhat will you do?〕 

私は、自分を育ててくれた、
会社・家族・お客様に恩返しのために仕事に打ち込みます。

「なんで、営業職なんて選んでしまったのだろう」

実は、入社してからスグに一度挫折しそうになったことがあります。人の笑顔を見ることが好き、人とスグに仲良くなることができる。そんな自分の特性から営業という仕事を自分で選んだのですが、お客様の前に出るための訓練がとてもキツくて、挫折しそうになりました。

ロールプレイングという、実際の接客を想定して行う研修研修があるのですが、そこでの先輩からのフィードバックの時間が毎回とても大変でした。はじめから全てが完璧なんてことはあり得ないので、当たり前ではあるのですが厳しい指摘にとても落ち込みました。でも、何度も繰り返していくうちに自分の中である感情が生まれてきました。

滅多に褒めてくれない上司に対しての、
「悔しい、絶対にやってやる」という反骨心のような感情。

できない自分を受け入れて成長させようとしてくれる先輩に対しての、
「何とか期待に応えたい」

絶対にやり遂げる。本気でロールプレイングにも打ち込み出すとお客様の反応も変わってきました。「伊藤さんの説明、わかりやすかったです、ありがとうございます」(嬉しい!)仕事の楽しさを感じることができました。

今思うと、自分だけではここまで出来なかったと思います。このような体験から私は、自分を育ててくれた人たち、そしてチームの皆に貢献できる営業マンになりたいと思っています。

就活性へのメッセージ

私は仕事の楽しさを先輩やチームの仲間に教わりました。

自分もまだまだなので、あまり偉そうなことは言えませんが、仕事を楽しみたい! と思う人は「この人のもとで働きたい」と思えるような、尊敬できる人を見つけることが大事。そのために就活の時には、たくさんの人と関わるようにすると、良いのではないかと思います。

ナカオホームのこと、先輩社員のこと、もっと知りたい方はこちら