[プロフィール] 山中 翔太 Shota Yamanaka 「4番キャッチャー、山中」

 所属:施工管理部 2年目(2018年新卒入社) 出身:愛知県名古屋市
 1年目は営業として成果をあげ、2年目からは施工管理部として業務をこなす。「ナカオホームに入って人生変わった」と言い切る
 自身の2年目の目標は、もっと多くの人に「この会社で働きたい!」と思ってもらえる職場づくり。

■先輩社員メッセージ■

幸せとは、自分の将来の夢に向かって進んでいる実感があること。 
ナカオに入って、新たな夢、新たな道が見つかりました。

maekawa_sp

●私の就活体験をお話します

小学校から大学までは続けていた野球。
甲子園に3度出場する名門を卒業し、残ったのは「不安」でした。

「野球を辞めた自分に、何ができるのだろうか?」

なんとなくできる自信はある。でも、具体的に何かと言われるとそれはわからない。
自分なりに色んなことを試したけれど「コレだ!」というものは見つかりませんでした。
そんな悶々と日々を過ごす中で入社したのがナカオホームなんです。

●私は、入社してから自分の“仕事に求めるもの”が見つかりました。

ナカオホームに入社してまず思ったのは「こんなチームいままでなかった」ということです。
私も野球を通じて様々なチームに所属していたのですが、強いチームというのは、どこも雰囲気はどこかピリピリしていて、選手も一部の主力を除いては活気がない、というチームばかり。なので、私自身「強い」っていうのはそういうことなんだろうと思っていました。

でも、ナカオホームは、毎年売上を伸ばしている成長企業=強いチームでありながら、社員全員がイキイキ働いている。そして、先輩が優しい、いやっ、優しすぎる(笑)

なぜ、この雰囲気で勝てるのだろう? はじめはそう思いましたが、入社してからその理由がわかりました。ナカオホームはとにかく社員の成長を応援する会社。私のように明確に夢や目標を持っていない新入社員にも徹底的に寄り添ってくれたんです。

■山中から、就活生にワンポイントアドバイス■

「社員の成長を応援してくれる会社を選ぼう」

就活でよく聞かれる「将来の夢」。私は、現時点ではハッキリなくていい。「自分を成長させたい」くらいで充分だと思う。なぜなら、社会人になって気づくこともたくさんあるから。でも、あなたがもし、仕事を通じて自分を成長させたいと思うなら「社員の成長を応援してくれる会社」を選んだ方がいい。職場環境はとても大事ですから。

■<PR>ナカオホームのいいところ■

新入社員が、社会人として自信を持ってスタートできる環境がある。

先輩たちは自分にない“何か”を持っている。その差はなんなんだろう?
これは、新入社員なら誰もがぶち当たる壁だと思います。

その壁を超えることができれば、きっと社会人としての良いスタートが切れる。ナカオホームは、みんなが良いスタートを切れるように“新入社員研修”が充実しています。たくさんの研修がある中で、僕自身が変わった研修を一つご紹介しますね。

新入社員がカッコよく羽ばたくための
NRC(Nナカオ Rルーキーズ Cキャンプ)

ナカオホームオリジナルの新人研修です。

実は、とっても厳しい研修なんです。
あっ、スッゴク怒られる! というわけではありませんので安心してくださいね(笑)

NRCでは、様々なカリキュラムを通じて自分自身を徹底的に見つめ直していきます。自分自身の本当の気持ちを見つける作業って、簡単じゃないんです。その中で私は途中、あと一歩の勇気が持てず、答えが見つけられない場面がありました。

その辛そうな表情を見かねてか、先輩方が「頑張れ!」と。とにかく応援してくれました。なんで自分のためにそんなに? と思うほど、とにかく僕の背中を押してくれました。

そんな応援を受けているうちに、こんなに応援してくれている気持ちを裏切りたくない! と「決断」する一歩を踏み出すことができました。その時気づいたんです。自分になくて先輩にあるものはコレだ、と。それまでは、自分は自分のことだけを考えていました。でも、先輩は自分以外の誰かのためにやっていた。最後は自分も自分のためではなく、応援してくれる先輩のことを思って「自分よりも、その先輩のために」という想いになっていた。

・・・実は、ナカオではこんな気づきが毎日と言ってもいいくらいあるんです。

やりがいに気づいた瞬間、
自分の将来が明るくなった気がした。

先輩が私を応援してくれたように、私もお客様を応援するんだ! そんな気持ちでお客様と向き合うと、1年目にも関わらず私から「家を買ってくれる」お客様が現れました。

初契約です。

そして、そのお客様が一言「私たちが家を買うことができたのは、山中さんが紹介してくれたからだよ」この言葉をいただいた瞬間、自分の人生が変わったような感じがしました。

「オレ、こういう仕事をしたかったんだ」

就活時には見つからなかった、仕事をする意味=やりがいに気づけたんです。

やりがいは、人生を変える!

まだまだ社会人としての経験が浅い私ですが、一つだけ私の想いを伝えたいと思います。これから社会人になるあなたには、自分にとって心から“やりがい”を感じられる仕事をしてほしい。

その瞬間、自分の将来の夢・目標がハッキリと見えて、自分が一歩進んでいる感覚になる。幸せとは、自分が前に進んでいる、成長していることが実感できることだと僕は思います。

そして、ナカオホームはそんなスタッフの幸せ=成長に徹底的に寄り添う会社です。ぜひ、一緒にやりがいのある仕事をしましょう!